忍者ブログ
東京都文京区の歴史
[112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 文京区湯島2-21-6

真言宗
 霊雲寺派総本山
  宝林山 大悲心院 霊雲寺
れいうんじ



 
真言宗霊雲寺派総本山で、宝林山大悲心院霊雲寺と称する。
 5代将軍徳川綱吉は、深く帰依した浄巌覚彦を開山として徳川家のため、天下泰平、武運長久の祈願寺として、元禄4年(1691)創建した。



 本堂のほかに、惣門・潅頂堂・地蔵堂・大元堂・観音堂・鐘楼・経蔵および学寮を有し、周囲に土塀を巡らした江戸時代の名刹であった。大正12年(1923)の関東大震災により焼失し、その後の仮本堂も戦災で焼失した。現在の本堂は昭和51年(1976)に再建された。
 開山浄厳律師は、著書二十九種、八十五巻に及ぶ学僧でもあり、供養儀式(悟りを得るための修法)にも精通し、また大衆布教の1つとして、結縁潅頂(諸尊仏と縁を結び、仏の道に入りやすくする)という儀式を盛んに行った。
 今に残る梵鐘は、創建と同時に鋳造されたもので、浄厳律師の撰文の銘がある。



・国指定文化財・諸尊集会図・日吉山王曼荼羅図・十六羅漢図
・弥勒曼荼羅図・天帝図(5点)
・区指定文化財・大威徳明王像図・五秘密像図(2点)
 文京区教育委員会 昭和56年(1981)3月


 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性