忍者ブログ
東京都文京区の歴史
[25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    エルフィン・フォン・ベルツ(1849~1913)胸像

所在地 文京区本郷7-3-1 (東京大学)

 Erwin von Baelz (エルフィン・フォン・ベルツ)

南ドイツのピーティヒハイムで生れる。チュビンゲン大学医学部に入学し、ライプチヒ大学医学部を最優秀の聖跡で卒業した。ライプチヒ大学病院に入院した第一回医学留学生の相良元貞を診察したことがきっかけとなり、明治9年(1876)に下谷和泉橋時代の東京医学校に招聘された。明治35年(1902)までの26年間、内科学の教育と診療にあたり、わが国のない科学の礎を築いた。明治14年(1881)以後は東京大学医学部の外国人教師の主任を務めた。ツツガムシ病、肺ジストマ、温泉療法、人類学、民俗学などを研究し、世界で最初に肺吸虫卵を発見した。退任後は侍医を務め、明治38年(1905)に帰国した。「ベルツの日記」は日本の近代化を記録した歴史的資料として知られる。大正2年(1913)に大動脈瘤により没した。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性