忍者ブログ
東京都文京区の歴史
[242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 文京区目白台1-21-2 (和敬塾)

東京都指定有形文化財
 和敬塾本館(旧細川侯爵邸)
     平成10年3月指定
 財団法人和敬塾は、首都圏のさまざまな大学で学ぶ男子学生のための学生寮です。海外からの留学生も含め五百余名の大学生・大学院生がここで共同生活を送っています。
 約七千坪の敷地には、学部寮生と大学院生寮、ならびに東京都してい有形文化財の本館(旧細川侯爵邸)があります。
 常に理想を求める事業家だった前川喜作(1895~1986)によって、昭和30年(1955)この地に和敬塾が設立されました。「国家社会の各方面において中堅となり先達となり支柱となるべき人材の育成」を創設の目的に掲げています。
 聖徳太子の十七条憲法の第一条「和をもって貴しとなす」から「和」を、第二条「篤く三宝を敬え」から「敬」をとって名づけられました。
 「人間形成、修養の場として」「日常の共同生活をを通じて学生諸君にセルフメイドしてもらう」というのが前川喜作の希いでした。
 毎年百余名の若者が社会に巣立ち、多方面で活躍しています。

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性