忍者ブログ
東京都文京区の歴史
[1] [3] [4] [2] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 文京区湯島1千代田区 

(橋下) 神田川 JR御茶ノ水駅

 


 聖橋は、東京市により関東大震災の復興橋りょうとして、総工費72万4807円で2年3か月の歳月を要して昭和2年(1927)7月に完成した。
 神田川の美しい景観の中にあってこの橋のデザインには、とくに気を使い、橋長92.47m、幅員22mのモダンなアーチ橋が架けられた。
 橋名の由来は、北側にある国指定の史跡で江戸幕府の官学所「湯島聖堂」と、南側にある国指定の重要文化財でビザンチン風の建物「日本ハリストス正教会復活大聖堂」(通称ニコライ堂)の両聖堂にちなんでいる。
 聖橋は、近くの鋼ラーメンの御茶ノ水橋、アーチの昌平橋万世橋とともに「東京の著名橋」に選定され、神田川の名所となっている。
 平成4年(1992)3月 東京都

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性