忍者ブログ
東京都文京区の歴史
[197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 文京区向丘2-37-5 (高林寺)

 岡麓墓
 麓は、明治から昭和にかけて活躍した歌人。明治10年(1877)~昭和26年(1951)。区内の本郷(旧金助町)に生まれ、名は三郎、号は麓。
 明治32年(1899)、正岡子規に師事し、子規庵歌会(根岸短歌会)に参加した。その後”アララギ”の歌人として、数々のすぐれた作品を残し、芸術院会員となり、長野県の疎開先で没した。
 歌人として、数々のすぐれた作品を残し、芸術院会員となり、長野県の疎開先で没した。
 "雪の日に 幼き孫が持ち出せば 涙ぐましき江戸名所図会"
  (東京をなつかしんでよんだ歌)
 文京区教育委員会 平成3年(1991)3月



 アララギの歌人
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性