忍者ブログ
東京都文京区の歴史
[12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 文京区目白台1-1

 江戸時代、ここは武家地であった。幕末には細川越中守の下屋敷、抱え屋敷であったが、明治15年(1882)からは細川家の本邸となった。その後昭和34年(1959)、都立公園として開園したが、昭和50年(1975)4月、文京区に移管され、文京区立新江戸川公園となった。
 庭園はもとの細川邸をそのまま公園にしたもので、規模は比較的小さいが、素朴さの中に、江戸情緒が漂う回遊式泉水庭園である。目白台の地形の変化を巧みに利用し、名園と呼ぶにふさわしい景観を作り出している。また春・夏に咲く花々、秋の紅葉、そして雪景色は見事である。
 「松聲閣」と呼ぶ園内の建物は、細川家の学問所であった。現在は区民の集会所として利用されている。
 文京区教育委員会 平成13年(2001)3月









  新江戸川公園とその周辺
 新江戸川公園は、幕末まで熊本藩主・細川家の下屋敷があったところで、明治15年(1882)細川家の本邸となりました。台地と低地の地形を利用して、立体的な眺めを作りだしている池を中心にした回遊式の庭園です。
 この近くに「関口芭蕉庵」、細川家の「永青文庫」、「東京カテドラル聖マリア大聖堂」、「日本女子大学・成瀬記念講堂」少しはなれたところに「護国寺」など、名所・旧跡があります。



      SHIN EDOGAWA PARK AND ITS VICINITY
Shin Edogawa Park is where the residence of the HOSOKAWA family was oribinally locered,until the end of the EDO era. The HOSOKAWA family were theDaimyo of Kumamoto,and in the 15year of Meiji(1882)this house became their main residence.
This rarden was designed for strolling,and in its comstruction the naturallay of the land was taken abvantage of its hills and valleys giving a three-demensional landscape with the pond at the center.
Neally,there are many points of interest,marked with sign,such asa SEKIGUCHI BASHO AN,EISEIBUNKO,building of the HOSOKAWA family,ST.MARY'S CATHEDRAL?JAPANWOMENS UNIVERSITY, THE NARUSE'SAUDITORIUM,and a short distance away you can also see the GOKOKUJI temple and other ponds interest.





 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性